縄跳びや公園で走り回ったりするのも適度な運動としておすすめです。

MENU

適度な運動が必要な理由

 

適度な運動を行うことは、子供の成長を促す上で非常に大切な要素です。
運動不足であれば肥満になりますし、骨や身体を健やかに成長させることが出来ません。

 

ちなみに、運動すればエネルギーを使うため食欲増進も期待されます。
運動により空腹を感じて食事を行い、疲労を感じて睡眠を取る、これこそが健康的な生活でしょう。

 

適度な運動は睡眠と食事に深く関係しており、成長にとても重要なものなのが分かるはずです。
さて、栄養や睡眠も大事なのですが、ここでは運動の大切さに触れてみたいと思います。
どのような運動を行えば健全な成長を促せるのかを見てみましょう。

 

適度な運動が必要な理由

冒頭で述べたように、適度な運動は空腹や疲労となり、成長に欠かせない食事や睡眠を促します。
このことからも適度な運動の重要さが伝わって来るでしょう。

 

他の要素としては、骨や筋肉に対して刺激を与える目的があります。
使わない筋肉や骨は弱って行くものなので、適度に刺激を与えるのは大事なのです。
刺激と言っても、軽く外を走り回るだけで十分です。

本格的なトレーニングのような運動をする必要はないので、あくまでも適度な運動だと認識しましょう。

 

公園で走り回る子供

 

このように、成長を促す上で適度な運動は極めて重要です。
空腹や疲労により食事や睡眠の大切さを知り、健康的な身体を作って行くことになります。
部屋で休むのも時には必要ですが、ゲームやインターネットばかりでは健康的な成長は阻害されます。

 

ただし、無理やりスポーツをやらせるのは厳禁です。
適度な運動によって刺激が与えられても、精神的なストレスが体調不良を引き起こします。
身体と心の負担を上手くバランスを取るのも必要なので、子供の気持ちを考えるようにしてください。

 

おすすめの運動

適度な運動と言っても、判断は人によって異なるでしょう。
ここでは適度な運動の例を取り上げますので、参考にしてみてください。

 

基本的には全身の筋肉や骨に負荷をかけるのが良いので、おすすめなのは水泳です。
全身の筋肉を使いますし、骨に対しても程よい刺激があります。
他には縄跳び公園で走り回ったりするのも適度な運動としておすすめ出来ます。
運動する時間ですが、30分から1時間ほど遊べば十分過ぎるでしょう。

 

ちなみに、過度な運動や筋トレなどを行うのは骨に負担を掛け過ぎてしまうので止めるべきです。
子供が好きでは無いスポーツをやらせるのも精神的な負担を増やすので避けるようにしてあげてください。
成長を促すことはとても大切ですが、子供の負担にならないように調整するのも親の役目ではないでしょうか。