カルシウムやマグネシウム、亜鉛が子供の骨の成長に大事な栄養素です。

MENU

子供の体に必要な栄養成分

 

子供の体には様々な栄養成分が必要です。
大人は生きるために、そして健康のために栄養素を摂取します。
しかし、子供はそれに加えて成長するための栄養も欠かせないのです。

栄養素を解説する白衣の女性

 

子供の成長に必要な栄養素は何かと聞かれて、すぐに答えられるでしょうか?

 

的確に答えられるなら問題はありませんが、漠然とした回答しか浮かばないようなら良くありません。
大切な子供のためにも何が必要な栄養素なのかを理解しておきましょう。

 

中でも気にしておきたいのが骨の成長に関わる栄養素です。

 

子供の成長はイコール骨の成長だと言っても過言ではありません。
成長する仕組みを理解して適切な子育て生活を実践しましょう。

 

骨に欠かせないカルシウム

子供の成長には骨の成長が必須となります。
そこで注目したい栄養素がカルシウムです。

 

カルシウムは骨を成長させ、強くさせる性質を持っています。
乳製品や海産物、野菜や大豆などに多く含まれており、日本古来の食生活で補えるものです。

 

近年では食生活が欧米化した関係でカルシウムの摂取量が減少傾向になります。
慢性的にカルシウムが不足すると満足する成長が行えません。
それだけでなく、骨折しやすい状態になりますので大変危険です。

 

こうしたカルシウム不足を懸念してか、最近は子供用のサプリメントも販売されています。
小魚や野菜でカルシウムを摂取するのが理想ですが、難しい場合はサプリメントも活用してみましょう。

 

小学生低学年であれば、男の子は600mg程度、女の子は550mg程度が推奨される摂取量となります。
これだけの量を食事から補うのは大変なので、いろいろな工夫をするようにしてみてください。

 

マグネシウムや亜鉛も大事

牡蠣やアーモンド、大豆に多く含まれるマグネシウムや亜鉛も成長に大事な栄養素です。
カルシウムとバランス良く摂取することで効率よく体内に吸収出来るようになります。

 

マグネシウムは丈夫な骨にする働きがありますので、カルシウムの補助的な役割を果たします。
亜鉛には成長ホルモンの分泌を促す役割があり成長に欠かせない栄養素です。

 

ただし、アーモンドなどのナッツ類は鼻血が出やすくなるので食べ過ぎには要注意です。
1日に2粒か3粒ほど食べれば十分なので、くれぐれも過剰摂取は止めましょう。
子供の噛む力が弱い場合は喉に詰まるケースも報告されています。

 

栄養を考えるのは大事ですが、タイミングも重要なので覚えておいてください。
バランスの良い食生活を心掛けるだけで子供の成長は驚くほど変わるのです。