身長の要素の70%が遺伝で決まりますが、残りの30%の要素で伸びる確率はあります。

MENU

低身長は遺伝するのか?

 

身長の高さはしばしばコンプレックスとして挙げられます。
低い身長によって嫌な過去がある親であれば、子供の身長を気にするのは当然でしょう。

 

そこで気になるのが低身長は遺伝するのかどうかです。
身長の高さが遺伝で決まるのなら、これは最早どうにも出来ない問題となります。
両親の身長が低ければ子供の身長も低くなる、これが現実です。

 

ここでは低身長が遺伝するのかどうか、そして何が身長を決める要素になるのかを紹介します。

 

低身長は70%遺伝する

子供の身長は親の遺伝子によってある程度決まってしまうものです。
識者によって意見は異なっていますが、低身長の約70%は遺伝で決まっているとされています。

 

つまり子供が低身長であれば、その70%の原因は遺伝子にあります。
これはどうにも出来ない問題のように感じますが、希望を捨ててはいけません。
まだ残りの30%の要因が残っているからです。

 

30%を占める要素ですが、これには食事のバランスや良質な睡眠が関係しています。
成長ホルモンが分泌されていれば遺伝子のマイナスを十分に補える可能性はあるのです。

 

昔の日本人の平均身長は現代よりも低かった記録が残っています。
これは欧米の食文化が入って来て、食べる物が変わったからと言えるでしょう。
遺伝子である程度の身長が決まっていても、食事や睡眠によって身長を伸ばすことが可能なことを裏付けています。

 

結論としては、一般的に身長の要素の70%が遺伝で決まりますが、残りの30%の要素で伸びる確率はあるのです。

 

身長が低い原因

 

低身長を回避する方法

真っ先に行いたいのは栄養バランスの良い食事と良質な睡眠です。
さらに適度な運動をこなすことで、成長ホルモンの分泌を促進させることが出来るでしょう。
そうなれば遺伝子にも負けない大きな身体へと成長できるのです。

 

また、親の生活も含めて見直しを行ってみるのが良いでしょう。
遺伝子の要素は極めて不思議で面白いものです。

 

本を読む親子

 

親と子供は言動から生活習慣までそっくりになることが多いです。
そのため、不規則な生活や偏った食事をする習慣がある親の子供は、それを自然と行ってしまいます。
低身長の家系の人は、遺伝子的にバランスの悪い食事を好んでいるかもしれないのです。

 

近年ではスマホの普及により夜中でも娯楽が溢れています。
これによる睡眠不足は社会問題になっていますし、子供の塾通いによる寝不足も問題です。
睡眠不足は成長ホルモンの分泌を阻害するので、しっかりと眠る習慣を作るようにしましょう。

 

こうした要素を排除するだけでも低身長を回避出来るようになります。
どれも確実にとは断言出来ませんが、少しでも立派な身体になるためには実践しておきたい方法なのです。