十分な栄養を摂取していない、良質な睡眠が取れていない時に低身長が発生します。

MENU

身長が低い様々な原因

 

大切な子供の成長は何よりも嬉しいことでしょう。
しかし、時には我が子の成長が他の子供よりも遅くて不安な気持ちを抱くことがあります。

 

特に気になるのが誰もが見ただけで分かってしまう身長の低さです。
身長が低いと他の子供よりも成長が遅いと感じるのは自然な心理です。
食事のバランスが悪いのか、何か子育てに悪い点があったのか、いろいろと不安に思うことでしょう。

 

また、世間体の悪さも出てしまいます。
子供の身長が低いと食事のバランスが悪いのでないかと変な心配がされるものです。
そうした不安を抱えないためにも、子供が低身長になる原因を理解しておきましょう。
もしも病気が疑われるのなら早めに専門の病院を診察してみてください。

 

低身長の一般的な原因

身長が低い原因の最たるものは成長ホルモンの不足です。
十分な栄養が摂取出来ていない、良質な睡眠が取れていない、そんな時に低身長が発生します。
他の子供よりも多少低い程度ならあまり気にする必要はありませんが、同年代の平均身長からマイナス15cm以上の場合は注意です。

 

まずはカルシウムが不足していないか日々の食事を見直してみましょう。

インスタント食品やレトルト食品、あるいはコンビニなどの惣菜がメインになっていないでしょうか?

 

そうした食品は美味しいですしカロリーも十分ですが、カルシウムなどは不足しがちになります。
マグネシウムや亜鉛が不足している場合も成長ホルモンの分泌に悪影響となるので覚えておいてください。

 

睡眠についてもチェックしてみましょう。

小学生であれば1日7時間から8時間の睡眠が適切で、22時までに寝るのが良いです。
夜更かしや毎日の睡眠バランスが崩れているようなら改善しましょう。
良質な睡眠によって成長ホルモンが分泌されるので、不規則な生活は絶対にダメです。

 

病気による低身長

食生活や睡眠がバランス良くなっているのに低身長なら病気を疑うことになります。
例えば成長ホルモンが不足してしまうホルモン異常や染色体の異常などが考えられます。
栄養を吸収する働きをする腸が機能していないケースもありますし、心理的な負担が悪影響を与えることもあるのです。

 

こうした問題は一般的な病院で分からないため専門の大学病院などを受診すると良いでしょう。
異常が無い場合はバランスの良い食事と睡眠で改善しますので、安心して日々を過ごせます。

 

専門医師

 

身長の低さに固執する必要はありませんが、やはり成長が遅いと感じたら病院の診察をおすすめします。
栄養バランスが問題なら食生活を改善することが出来るので、確実に解決の一歩となるのです。