新しい環境で頑張っている子供を見守り、慣れるまで根気強く通わせましょう。

MENU

団体行動が苦手な子供への接し方

一人で遊ぶ子供

子育ては、乳幼児の親が全て面倒を見る時期から、いずれは保育園・幼稚園・小学校など団体行動に必ず移行します。
団体行動や集団生活は社会人まで繋がっていくもので、人とのコミュニケーション能力や優しくて思いやりを持つなど、団体行動を通じて人間性の成長を重視する親が多いです。

 

しかし、ずっと親と一緒に過ごしてたっぷりの愛情を注いでもらった子供は基本的に集団行動が苦手ですぐに馴染めないものです。
団体行動を苦手な子供を見ると不安を感じるものですし、無闇に子供だけの世界に親が介入するのも悪い影響が出る場合があります。
うまく学校や保育園・幼稚園に馴染めない子供のために親ができることをまとめました。

 

 

集団行動デビュー直後は慣れさせることが大切

子供にも性格があるので、すぐに友達をたくさん作れる子と馴染めない子がいるものですが、団体行動を苦手にするのは当たり前のことです。
特に一人っ子や、兄弟と年齢が離れている、最初の子供の場合は家の中でほとんど我慢をせずに生きてきました。

 

自分に愛情を注いでくれる親や祖父母などに囲まれて、オモチャは全て独占。公園に行ったら嫌が常に付きっきりで相手をしてもらいますし、騒ぎたい時に騒いで寝たい時に寝る欲望を叶えられる環境です。
それが集団行動になれば、オモチャや遊具を独占できないなど我慢することが増えてきます。

 

幼稚園や保育園では、平行遊びといって同じ場所で同年代の子供が一緒に過ごすけど、子供同士で遊ぶのではなくみんなが別々に好きなことをして遊ぶものです。
ある程度の年齢になると、1人よりも大人数で遊んだ方が楽しいことや、親よりも友達と遊ぶ楽しさを理解しますが、小さい子供は1人や親、先生など大人と遊ぶことを好みます。

 

つまり、幼稚園や保育園に入れて子供が馴染めないのは当たり前のこと過剰に心配する必要はありません。

 

親としては心を鬼にして、慣れるのを待つことも大切です。子供を預かる場所のスタッフは資格を持っていますし子供を扱うプロなので、親が先生のことを信頼することも大切です。
人見知りが激しいなど不安が強ければ、早い段階で保育園に入れてしまうのも効果的です。

 

小さいうちの方が行きたくないとダダをこねることは少ないもので、預ける時は泣いても、親がいなくなれば落ち着くのが早いです。
会話がしっかりできるような年齢になって、「行きたくない」と意思を主張するのであれば、慣れるまでは幼稚園や保育園に行くことに対して、好きなお菓子や小さいオモチャを買うなどご褒美を与える条件をつけて通わせることも大切です。
とにかく慣れるまで根気強く通わせて、その中で先生から様子を聞いて問題の深刻さを理解しましょう。

 

 

集団行動を親と一緒に見学する

集団行動を嫌がる子供の気持ちを理解して、無理をさせずに自分から参加する意欲を掻き立てることが大切です。
子供が嫌がっているのであれば、無理をさせずに子供と一緒に見学することが効果的です。

 

たとえば公園に一緒にいって、子供たちが○○ごっこしようと話になって、1人だけ参加しようとしない時は親と一緒に「じゃあ、ここで一緒に見てようか?」と提案します。
1人だけ違う遊びをさせるのではなく、見学させることで一緒にやりたい気持ちが湧いてくるものです。

 

それでも、参加しようとしないのであれば無理をさせずに時間をかけて見学を繰り返しましょう。
自分がやりたいと言った時には「オモチャや遊具は交代で使うんだよ」とみんなで楽しく遊ぶ方法を教えてあげてから子供同士の世界に送り込みましょう。

 

子供の意思で集団行動に参加するまで根気強く待ったり、これなら参加したいと思える環境を探してあげるのが親にできることです。