女の子は男の子より2年ほど早く成長期を迎えるため、身長も伸びます。

MENU

男女での成長の違い

 

子供の成長で気にしておきたいのが男女の違いです。
実は男の子と女の子では成長するタイミングが異なっているのです。
最初に女の子を育てて、2人目で男の子を育てる場合は成長の差に困惑しないようにしましょう。

 

また、男女によって成長に悪影響を与える要素も違っています。
栄養バランスの良い食事、良質な睡眠という要素が成長に大事なことは変わりませんが、男女によってぶつかる問題は様々です。

 

子供の成長において男女の違いはかなりの差になるので詳しく知っておきましょう。
ちなみに、男女の違い以上に大きな要素となるのが個人差です。
一般的な成長から遅れている、あるいは早かったからと言って一喜一憂するのは良くありません。
病気が疑われるような状況で無い限り、腰を据えて見守る姿勢も必要です。

 

男女で成長期のタイミングは違う

 

男の子と女の子

 

身長がぐんぐん伸び始めると成長期に入ったと思って良いでしょう。
子供の成長は喜ばしいものですが、服や靴のサイズが合わなくなるので何かと出費が増えるものです。
そんな子供の成長期ですが、男女によってタイミングが異なっています。

 

男の子の成長期

男の子の成長期は13歳頃なので、11歳から12歳の時にしっかりと食事や睡眠が取れているかが重要になります。
当然、もっと小さい頃から食事と睡眠のバランスが良いのが望ましいです。
しかし、極めて重要になるのが11歳や12歳の時期なのです。

 

女の子の成長期

一方で女の子の成長期ですが、11歳頃と言われています。
そのため9歳や10歳の時の食事や睡眠にはしっかりとこだわるようにしてください。
男の子に比べて女の子の方が成長期を迎えるのが早いです。

 

子供を持つ親から良く出る不安に、女の子よりも身長が低いという悩みです。
これは決して不思議なことではありません。
女の子の方が成長期が早く、身長などの成長が早く行われるからです。

 

男女で気を付けるべき悪影響

成長期はとにかく栄養バランスの良い食事と良質な睡眠が大事です。
しかし、その頃の子供はいろいろと悪知恵が働き、自我や個性を主張する時期でもあります。
世間体というものも理解し始めるため、成長に悪影響な行為をしてしまいがちです。

 

男の子の場合は夜更かしによる睡眠不足です。
夜中にゲームやテレビを見ていて寝不足になり、成長ホルモンの分泌が少なくなるケースは多いです。

 

女の子は過剰なダイエットによる栄養バランスの偏りです。
ダイエットの波は女子小学生にまで及んでおり、過剰なダイエットが社会問題にもなっています。
肥満であれば別ですが、そうでない場合はしっかりと食事を取らなければなりません。
ダイエットの知識も少ないので、食事を抜いてスナック菓子を食べる子供も少なくないのです。

 

成長を阻害しないためにも、成長期を迎える前からしっかりと準備をしておきましょう。
子供と成長について話し合う時間を作るのも良いことなので試してみてください。